笑って食べて旅して

中央区Workerが綴る、食と旅行の徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近読んだ本



電車に乗る時、私は8割くらいの確立で活字を読んでる。

で、手持ちの本を読み終えてしまい。
どうしても「何か」読みたかったので、書店で平積みになってたのでこちらを購入。

インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
(2010/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る




こちらは、友達が貸してくれた本。
「8-8さん、暗くて重い内容が好きだって言ってたから…」って(笑)
うん、そのとおりです。

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


その時々の心理状態にもよるんだけど。
ここ、何年かは重い内容が好き。

エッセイとか、何年も読んでないなぁ。
また、気分が変わったら読むと思うけど。



ってことで、ここから感想(ネタバレ含む)です。



・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚









まずは前者の方ですが。


私、確かにミステリー好きではあるんですけどね。
その…人が人を殺してしまう(ミステリー発生)に関しての心理描写がすきなんだよね。
人が(いろんな意味で)追い込まれていくような過程というんですかね。
そいうところに感情移入しながら読むのがすきなの。


この物語では、そこはすごいおざなりというか、ほとんど描かれてないの。
なので、物足りない感じが否めない(あくまでも、私にとってはということ。)

多分、真のミステリーファンなわけじゃないんです。私。分かってる。


単純な犯人探しという事なら、この作品は楽しいと思う。
実際のところ、スピーディでローリングストーンのような展開なので一気に読んじゃうしね。
でも、繰り返して読みたいという本ではないです。



しかしながら。
無粋だってことは百も承知だけど。
バックグラウンドが物足りなすぎる。
舞台装置、ルール、小道具の演出過多におなかいっぱいでゲップが出る思い。

なぜ、人を殺すことになったのか、その過程が無さ過ぎる。
 岩井⇒真木
 関水⇒大迫、箱島
もう、この関係図が気持ち悪い。腹に落ちない。

クローズド・サークルもいいけど。
作られ過ぎた「閉鎖感」で、どうしても心に響かないんだよね。

評価できるのはテンポのよさだけ。

分かってる。バックグラウンドの物足りなさ感を味わうことは、
例えるなら「蕎麦は、そばつゆにビシャビシャに付けて食べたら、蕎麦本来の風味が分からなくなる」ような無粋なことだと。

でも、そばつゆもおいしいんだもん!



タネが分かったら、この手品はつまらない。

京極さんや横溝さんは、タネが分かってもやっぱり面白い手品なんです。
私には。


















続いて。後者の作品。

こちらは、好き。
恐すぎるけど、前述のように、私の大好きな「心理描写」を心の底を抉るように描いているから。

いや、本当に抉られるようで、こちらの「心の体力」が無い時は多分ちょっと辛い。

それでも、やっぱりよい作品だと思う。

この方、これがデビュー作だなんて!すごいわー。



私、自分にとっての大切な人が第三者によって殺されたら、絶対何があっても許せないし、「死刑反対!」とか言う人のこと信じられないと思ってた。


目には目を、歯には歯を。

でも、なんていうか…本当に憎しみからは何も生まれないんだなぁということが無残な形で描かれていて、考えさせられた。

結局、少年AもBも自分の母を失ったからといって、あの子にあんな事して悪かった…とは絶対思わないと思うのね。
とすると、森口の行動はなんだったのか…


憎しみからは何も生まれない、ただの報復合戦。
でも、大切な人を失った痛みや気持ちの穴をそのままにはできない…
そういう事をいろいろ考えさせられる、よい作品だと思う。

また、犯人が未成年ってのがね。また憎い設定です。
大人じゃないってのがね。




スポンサーサイト
  1. 2010/11/18(木) 09:30:00|
  2. エンタメ@ウチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<London&Dubai23 Mazeでのディナー(前編) | ホーム | 30代女子NG>>

コメント

告白

私も読んだよー。しかも立ち読みで(^_^;)。←大人としてあるまじき行為、、、。
本当はさらっと読んで面白そうだったら買おうと思ってたんだけど、引き込まれてしまった。
登場人物がみんな未熟な人間で、人の愚かさとか、傲慢さとかが感じられて読後にどーんと落ち込んだよ。
でもすごく印象に残っている作品です。憎しみからは何も生まないんだなって私も思った。そういうことを書きたかったのかなぁと。
実はこの作家さんの次の作品も読んじゃいました。こちらも重い内容だったよ、、、。でもなんか読んじゃう。
京極さんてなんか人に対して、愚かな面がたくさんあるけど、でも愛情があるなぁと感じるんだけど、この作家さんはちょっと違うよね、、、。

でも、私も嫌いではないです。また別の作品も読んじゃうかも。
  1. 2010/11/18(木) 17:49:04 |
  2. URL |
  3. maple #-
  4. [ 編集 ]

◆◆mapleさん

そうそう。私もさらっと読むつもりが…引き込まれちゃった。
第一章を読み終えた時点で、かなりぐったりしたんだけど。
あれを立ち読みとは!!疲れない!?
私、通勤電車がきつかった(笑)

そうね。京極さんは愛があるよね。関口とかすごい愛を感じる!
この方は、何か・・・突き放されてるような感じがするなぁ。崖から突き落とされるような。
自分で這い登らないとダメなのか。
  1. 2010/11/22(月) 22:57:30 |
  2. URL |
  3. 8-8 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8d8.blog13.fc2.com/tb.php/76-cee8d58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

8-8

Author:8-8
中央区Workerが綴る、食と旅行と落語と時々お出かけの備忘録
仕事も一生懸命やるけども!
遊びはもっと一生懸命!






◆notice◆
こちらのブログは、私の趣味と記憶の記録のための個人的ブログです。
ブログ生活を個人的に楽しんでる方にご覧いただき、旅や食のお役に立てればうれしいと思って書いております。

それ以外の目的(アフィリエイト目的やアダルト系、その他私が判断するもの)の方には、何の役にもたたないブログです。

そういった方々からの、コメント、トラバ、ブロとものご申請はお応えしておりません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2010 London (28)
2010 Dubai (16)
2010 Seoul in Apr (14)
2010 Seoul in Aug (5)
2010 Seoul in Dec (9)
2011 Seoul in Feb (8)
2011 Seoul in Jul (7)
2011 Russia (19)
2011 Korea in Dec (5)
2012 Bangkok (3)
2012 Taiwan (14)
2013 Taiwan (3)
2013 Malaysia (5)
2014 Taiwan (4)
2015 Poland(&Copenhagen) (3)
2017 Helsinki&Baltic States (9)
2010 Domestic (2)
2011 Domestic (13)
2012 Domestic (6)
2013 Domestic (10)
2014 Domestic (2)
Travel etc (35)
タベタ@ソト (55)
タベタ@ウチ (12)
エンタメ@ソト (26)
エンタメ@ウチ (8)
affairs (38)
notice (6)
phots (8)
knitting (3)
未分類 (7)
旅先便利帳 (0)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

写真レイヤー

タグ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。