笑って食べて旅して

中央区Workerが綴る、食と旅行の徒然

そうだ、岩手に行こう(2)_中尊寺

続いて中尊寺。

こちらでは現地ガイドをお願いした。



3000円/2時間です。人数がいれば、割り算になるのでぐっと安くなるよ。
これ、とってもお勧め
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚


日本史に(も)とっても弱い私。

一応辛うじて藤原氏は知ってるんだけど・・・
えっと・・・なんだっけ?

とパンフレットとwikiで、ランチ中に予習(今更)

藤原氏は豪族だそうですが、そもそも豪族ってなんだったっけ・・・???とか言い出す我ら。
ほら、ボケ封じが必要な三十路だからね。
絶対中学生の頃習ったよね、と言いつつ。

一応、私は義経は好きな武将なのでうっすらぼんやりは知ってるんだけど。
彼が非業の死を遂げたところ・・・という知識だけはありました。(諸説あるけれど)

TOP画像は、月見坂。急勾配を昇ります。

fc2_2013-07-02_21-56-35-862.jpg

本堂に入ります。


中尊寺とは
中尊寺(ちゅうそんじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院。奥州三十三観音番外札所。山号は関山(かんざん)、本尊は阿弥陀如来。寺伝では円仁の開山とされる。実質的な開基は藤原清衡。
奥州藤原氏三代ゆかりの寺として著名であり、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂を始め、多くの文化財を有する。
「平泉 - 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の一つとして世界遺産に登録されており[1]、「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。 wikiより


金色堂が有名ですが、中尊「寺」なのでまずは寺。
今の建物は明治時代に再建されたものだそう。

fc2_2013-07-02_21-55-49-029.jpg

写経や座禅なんかの体験もできるらしい。時間があったら、それもいいよね~。


fc2_2013-07-04_12-44-43-860.jpg

途中、森○一もファンと一緒にお参りしたという不動堂や
「目」のご利益があるという峯薬師堂や
傷みが激しいので、普段は鐘を鳴らすことはないそうですが
2011年の震災でなくなった方々のために、鳴らしたという鐘を見たりしながら。

fc2_2013-07-02_21-57-07-036.jpg

金色堂キターーーーーー

中は撮影禁止。おごそかで、きらびやかで、ぜいを尽くした仏像が飾られています。
藤原氏の美意識の高さ、センスにびっくりしたよ。
いや、意識が高いだけであれを作れるわけじゃないから、やっぱり裕福だったんだなぁと思ったり。

ずっと居ても飽きないわ。

この金色堂には、藤原氏三代の遺体と四代目の首が安置されてるそうな。

首?なぜ1人だけが首なのか?
それは、幸せな死に方をできなかったから・・・義経と関わったばっかりに。

うーーーーーーん。
頼朝め!!!と言いながら、金色堂を後にする。


fc2_2013-07-02_21-57-37-928.jpg

金色堂は元々ふきっさらしの裸状態だったんだと。
藤原氏を滅ぼした頼朝が、これを見て「もったいないじゃないの!こんなにキレイなのに!」と言って、初めて覆堂が付いたそうじゃ。
今は鉄筋コンクリートで覆われていますが、それは昭和時代に建てられたもの。
で、その昔の覆堂は移築されてて↑これなんだそう。

ここはここで静寂のなかにりんとした空気が宿っていて悪くない。


fc2_2013-07-02_21-59-05-300.jpg

こちらは能舞台。毎年お祭りで、今も能が披露されるんだと。いいなぁ。
こんなところで一度観てみたいわ。

fc2_2013-07-02_21-59-31-906.jpg

さらに。
讃衡蔵という金色堂チケット売り場に付属した建物で、藤原氏のお宝や仏像をみることができます。
宗教にも全く詳しくない私でも、見てるだけでそのすごさが伝わって来る素晴らしいものでした。

じゃ、バス停まで戻って無量光院跡(ここも世界遺産)でも観に行こうか~なんて言ってたのに。
・・・日傘を傘建てにさしたまま忘れることに気付く(讃衡蔵内に持って入れない)

急勾配の月見坂の途中まで来てたんだけど、慌てて取りに帰る。トホホ。【ボケ封じが必要なワケ・2】


おかげで、終バスの都合で無量光院跡には行けず。でも、バスから見えたから、まいっか~。


スポンサーサイト
  1. 2013/07/08(月) 12:12:12|
  2. 2013 Domestic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1212・9 年末の台湾旅 ~台南・昼間の街歩き~ | ホーム | そうだ、岩手に行こう(1)_毛越寺&もち膳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8d8.blog13.fc2.com/tb.php/339-1f4f7018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

8-8

Author:8-8
中央区Workerが綴る、食と旅行と落語と時々お出かけの備忘録
仕事も一生懸命やるけども!
遊びはもっと一生懸命!






◆notice◆
こちらのブログは、私の趣味と記憶の記録のための個人的ブログです。
ブログ生活を個人的に楽しんでる方にご覧いただき、旅や食のお役に立てればうれしいと思って書いております。

それ以外の目的(アフィリエイト目的やアダルト系、その他私が判断するもの)の方には、何の役にもたたないブログです。

そういった方々からの、コメント、トラバ、ブロとものご申請はお応えしておりません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2010 London (28)
2010 Dubai (16)
2010 Seoul in Apr (14)
2010 Seoul in Aug (5)
2010 Seoul in Dec (9)
2011 Seoul in Feb (8)
2011 Seoul in Jul (7)
2011 Russia (19)
2011 Korea in Dec (5)
2012 Bangkok (3)
2012 Taiwan (14)
2013 Taiwan (3)
2013 Malaysia (5)
2014 Taiwan (4)
2015 Poland(&Copenhagen) (3)
2017 Helsinki&Baltic States (8)
2010 Domestic (2)
2011 Domestic (13)
2012 Domestic (6)
2013 Domestic (10)
2014 Domestic (2)
Travel etc (35)
タベタ@ソト (55)
タベタ@ウチ (12)
エンタメ@ソト (26)
エンタメ@ウチ (8)
affairs (36)
notice (6)
phots (8)
knitting (3)
未分類 (7)
旅先便利帳 (0)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

写真レイヤー

タグ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する