笑って食べて旅して

中央区Workerが綴る、食と旅行の徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月観劇ノキロク



1_20120423112541.jpg

写真編集が面倒ですっかりブログをサボってました。
日々の記録は、twitterとInstagramと読書メーターで足りてしまいそうなんだよね・・・


とはいえ、きちんと残しておきたいものはやっぱり使い慣れたブログが一番だと思う。



・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚





今回の観劇の感想は、本当に分かりづらいし、自分の中の興奮気味にエキサイティングな部分を抽出して残しておきたく、ぐだぐだと書いています。
ごめんなさい。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚


ということで、久しぶりの歌舞伎鑑賞。

昼夜通しで忠臣蔵をやっているので、これは通しで観るしかない!!と鼻息も荒く行ったのが新橋演舞場。

間もなく楽日を迎えてしまうのだけど、いやーーー、これ面白いっすよ!
1幕だけの切り取りで観るより、やっぱり通しで見る方がずっといいと思う。


恥ずかしながら、年末などにTVで放映される忠臣蔵を一度も観た事がなかった私。
ストーリーもなんとな~くしか知らなかったのよね。
でも?だからこそ?しっかりストーリーに入り込んでしまった。

塩冶判官(キクチャン)が切腹、大星由良助(ソメチャン)が駆けつけるシーンでは泣いたわ。由良助、早く!早く来て!!と願いながら観てしまうほど、入り込んでたし。

もうねー、役者の二人もうまいのよ。

私が男なら、「よっ、●●屋」と声かけたくなるくらい。いや、涙声でそれどこじゃないけど。

(私にとって)歌舞伎というのは、古典的な演目については様式美というのがかなり大きな割合を占めていて、ストーリー自体に涙するということは少ないのだけど、今回は本当泣けたね~。
(俊寛や将軍江戸を去るなんかも私的には泣けますが)

それから、敵役である高師直(ショウチャン)の役者さんがまたいいのよ!!
もうね、(私の)身体がワキワキしてしまうほど憎らしく、でも微妙な愛嬌が入って、「コイツめ!!」って空気がかもし出されてるの。



全体的に男・漢の祭り的な感じで、「女、子供は引っ込んでろ」という内容でした。そして、それに酔いしれてしまう。
ということで、途中で出てくるおかるとか顔世御前とか、「ひっこんでろ」と思ってしまいましたよ。
理屈では分かるけど、感情的な部分で『あの人たち出てくる必要ある?』と。
勘平(カメチャン)なんて、おかるのせいでいいところ無しじゃないのよ!


最後の十一段目、敵役の高師直が落ちる瞬間があまりにもあっけなかったけれど。

全体的には大変大満足な4月の観劇でございましたよ。



※()内は役者名ですが、検索対策でニックなネームにしております。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/23(月) 12:10:35|
  2. エンタメ@ソト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<フォトブック 第3弾 | ホーム | 一年>>

コメント

コメントすっかり遅くなってしまったぁぁ!
まさに漢祭り!男のための男のドラマだぁ!
ドラマの忠臣蔵はあまり好きじゃないけど
やっぱ舞台はいいねぇ。。

キクちゃんの美しい死に様にぶるぶるきましたわ。。
そしてお軽と勘平は、ぐっと年上女房の彼女に絡めとられた若きツバメっていう雰囲気をずっと感じてたのは私だけでしょうかw
  1. 2012/05/17(木) 17:36:16 |
  2. URL |
  3. ビア #-
  4. [ 編集 ]

◆◆ビアさん

あれは男の美学の世界だったね。
連れてってくれて、ありがとさ~ん!

お軽・・・なんだろう、どうしても役者自身の年齢が反映されちゃってた??
お軽自身は10代のバカ娘(言っちゃった!)通りな中身だったよね。
カメチャンは舞台では結構若く見えちゃうしね。
  1. 2012/05/18(金) 13:47:50 |
  2. URL |
  3. 8-8 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8d8.blog13.fc2.com/tb.php/273-2ec88a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

8-8

Author:8-8
中央区Workerが綴る、食と旅行と落語と時々お出かけの備忘録
仕事も一生懸命やるけども!
遊びはもっと一生懸命!






◆notice◆
こちらのブログは、私の趣味と記憶の記録のための個人的ブログです。
ブログ生活を個人的に楽しんでる方にご覧いただき、旅や食のお役に立てればうれしいと思って書いております。

それ以外の目的(アフィリエイト目的やアダルト系、その他私が判断するもの)の方には、何の役にもたたないブログです。

そういった方々からの、コメント、トラバ、ブロとものご申請はお応えしておりません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2010 London (28)
2010 Dubai (16)
2010 Seoul in Apr (14)
2010 Seoul in Aug (5)
2010 Seoul in Dec (9)
2011 Seoul in Feb (8)
2011 Seoul in Jul (7)
2011 Russia (19)
2011 Korea in Dec (5)
2012 Bangkok (3)
2012 Taiwan (14)
2013 Taiwan (3)
2013 Malaysia (5)
2014 Taiwan (4)
2015 Poland(&Copenhagen) (3)
2017 Helsinki&Baltic States (9)
2010 Domestic (2)
2011 Domestic (13)
2012 Domestic (6)
2013 Domestic (10)
2014 Domestic (2)
Travel etc (35)
タベタ@ソト (55)
タベタ@ウチ (12)
エンタメ@ソト (26)
エンタメ@ウチ (8)
affairs (38)
notice (6)
phots (8)
knitting (3)
未分類 (7)
旅先便利帳 (0)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

写真レイヤー

タグ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。