笑って食べて旅して

中央区Workerが綴る、食と旅行の徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Russia9 続・クレムリン見学

クレムリンの見学、まだ続きます。

1_20111208002930.jpg


本当天気悪かった…

モスクワやサンクトペテルブルグの治安は悪いから、荷物には充分気をつけてくださいとずっと言われ続けてました。
※治安が悪いというか、すり・ひったくり・置き引きが本当に多いらしいです。

おかげで、傘・カメラ・荷物(時には帽子もプラス)と千手観音ばりに手を四方八方に伸ばしながら、観光してましたよ。



・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚



帽子、かなり役立ちました。
体温調節に。

私は髪が短いせいもあって、やっぱり頭と首らへんが寒いんですよ。
だから、帽子があるのとなのとでは全然違う。

ちなみに、ロシアでは(正教では?なのか?)教会内に入る際、男性は帽子を脱がなければいけません。
神への敬意を表すために。

女性はかぶったままでいいそうです。むしろ被ってる方がいいんだって。
帽子やスカーフで頭部を覆うことは、夫や男性に対する従順を現すんだそうです。


従順!!!

私が!!!


嫁にも行ってないのに、誰に従順をしめせばいいの!



閑話休題。


2_20111208002930.jpg
これ・・・なんだろう?(オイ
写真の明るさを調整してないとこんなもんですよ。

3_20111208002929.jpg
イヴァン大帝の鐘楼。もちろん登る時間無し。
登ったとしても、天気が悪すぎて景色も見えないだろうしね・・・

4_20111208002929.jpg
クレムリン大宮殿。
1839年から1849年にかけて造営された宮殿なので、わりと新しい建物ですね。
19世紀初頭、皇帝が旧住した宮殿が火災で焼失し、ロシアの建築家コンスタンチン=トンらにより鉄やコンクリートを用いる新しい建築技術を導入して建造されたそうで、一般公開はしてないんだって。


5_20111208002928.jpg
続いて、武器庫の見学。
ここも撮影禁止でしたので、写真なしですが・・・せめて建物の(全景)写真があればいいんだけど。
なぜか!細工が凝っていた柱の写真のみ!!why!?


今回のツアー客の方はいわゆる団塊の世代方が多かったんだけど。
あの世代は一眼好きが多いから、カメラ仲間がたくさんいるんじゃないかな~と思ってたら。
みなさん、コンデジのみ!一眼は一人もいませんでした。

話を聞いてみてると、「一眼は重いから」といって敬遠されてるそうです。

ふっ・・・(´・ω・`)

そういうわけで、一眼カメラは私のみ。
ツアーなので、どんどん流れるように進んでいくのもあって、じっくり写真が撮れないんですよね。
これもツアーの不満点…私、一眼で写真撮るの遅いからさぁ。




で、武器庫について。
”武器”と付いてますけど、実際は帝政ロシアの頃の衣装や馬車、宝物などが展示されています。
その中でも印象に残ったものをいくつか。

やっぱり女子ですからねー(ぇ
ドレスとか気になります。

かのエカテリーナの衣装ったら!!腰の細さとか、「嘘でしょ!?」と言いたくなります。
それからロシアらしくマントは毛皮だったりして、とても豪華。(展示のために定期的に毛皮は新しいものを張り替えるそうです)

それから初代のロシア皇帝・ピョートル1世は、身長2mを越す大男だったそうで、かれの衣装もこれまた興味深かったな。
彼は手先が器用なので、自分でブーツとか作ったりしてるのですよ。
その巨大ブーツも展示してありました。(縦も横も大きい)

それから食器や宝飾品などの展示がしてあるんだけど。
ドイツからの寄贈品が結構たくさんありました。かのエカテリーナもドイツ(当時はプロイセン)から嫁に来てるし、両国は結構縁があるんですね。
(サンクトペテルブルクに行くと、よりこの思いを強くすることになる)

そして、私がとっても楽しみだったインペリアル・イースター・エッグも展示されてました。
(インペリアル・イースター・エッグについてはwiki参照)

数年前、東京の某博物館にも来てたので観にいったんですけどね。
なんか好きなんですよね~。ふふ。

てな感じで、駆け足で見学。
クレムリン内の有名宝物として、ダイヤモンド庫というのもあったんですけどね。
そっちは見学なし・・・(´・ω・`)

これでまたいつかロシアに行く楽しみを残してまいりましたよ。(負け惜しみ)

ところで。クレムリン内のいろんなところが撮影禁止だったのですけど。
帰国後調べてると、数年前の旅行記では撮影されてる方が結構いらっしゃいますね。
昔はよかったのかな?
(武器庫内でも中■人とかは撮影してましたけどね・・・イラッ)



とクレムリンをたっぷり堪能した後は、ディナーです。

6_20111208002928.jpg

スポンサーサイト
  1. 2011/12/13(火) 12:19:16|
  2. 2011 Russia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Russia10 ロシア(食)名物・シャシリク | ホーム | Russia8 クレムリン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8d8.blog13.fc2.com/tb.php/240-6b62e65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

8-8

Author:8-8
中央区Workerが綴る、食と旅行と落語と時々お出かけの備忘録
仕事も一生懸命やるけども!
遊びはもっと一生懸命!






◆notice◆
こちらのブログは、私の趣味と記憶の記録のための個人的ブログです。
ブログ生活を個人的に楽しんでる方にご覧いただき、旅や食のお役に立てればうれしいと思って書いております。

それ以外の目的(アフィリエイト目的やアダルト系、その他私が判断するもの)の方には、何の役にもたたないブログです。

そういった方々からの、コメント、トラバ、ブロとものご申請はお応えしておりません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2010 London (28)
2010 Dubai (16)
2010 Seoul in Apr (14)
2010 Seoul in Aug (5)
2010 Seoul in Dec (9)
2011 Seoul in Feb (8)
2011 Seoul in Jul (7)
2011 Russia (19)
2011 Korea in Dec (5)
2012 Bangkok (3)
2012 Taiwan (14)
2013 Taiwan (3)
2013 Malaysia (5)
2014 Taiwan (4)
2015 Poland(&Copenhagen) (3)
2017 Helsinki&Baltic States (9)
2010 Domestic (2)
2011 Domestic (13)
2012 Domestic (6)
2013 Domestic (10)
2014 Domestic (2)
Travel etc (35)
タベタ@ソト (55)
タベタ@ウチ (12)
エンタメ@ソト (26)
エンタメ@ウチ (8)
affairs (38)
notice (6)
phots (8)
knitting (3)
未分類 (7)
旅先便利帳 (0)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

写真レイヤー

タグ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。