笑って食べて旅して

中央区Workerが綴る、食と旅行の徒然

浅草での目覚め



0_20110125131753.jpg


今年も行ってきました。


新春浅草歌舞伎。



今年はなんだか微妙に寂しく…
お兄ちゃんも出ず、シドーさんもオメゾーさんも出ない。
4人だけ。
つーか、オメさんはデフォルトだと思っていたよー!


元々、この浅草歌舞伎は若手の研鑽の場として提供されていたはずなんだけど…
若手がいなくなっちゃったの???んな、バカな。
(『若手』のラインも難しいとこですかね)


でもでも、シチサマが出るからいいか~。ってな感じで行ってきました。




・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚





asakusa201101b.jpg
(画像はお借りしました)



カメチャンの衣装がホストっぽいと噂のポスターです。

今回は第二部に行ったので、以下の演目です。

◆壺坂霊験記
◆猿之助四十八撰の内 黒手組曲輪達引


新年恒例のご挨拶は、カメチャン。
そう。我らがカメチャンです。



なんだけど。
隣の席のオバサン2人組み(私もオバサンだけどさ)の片割れがずーーーーーっと喋りっぱなし。
連れが、どうも歌舞伎が初めて?らしく、その解説をして差し上げてるらしいんだけど。

元々の声が大きいようで…小声のつもりが、めっちゃでかい。
いや、もしかしたら小声にしてるつもりもなかったのかもな。


ってことで、せっかくのカメチャンのご挨拶もところどころ聞き取れず…(´・ω・`)うぅ

なんか、もやっとがうっすらと溜まったまま開演です。



※この感想は、私の偏った知識と美意識からできています。





◆壺坂霊験記

言っちゃいけない。お約束だとは思うんだけど…分かってるんだけど…

言わずにおれようか。


坊主のズラおかしいよね!?

出た瞬間、そっちに目が釘付け…
いとしのシチサマが出てるというのに。

アイサンの頭に目がいってしまいました。

ていうか、アイサン復活できてよかった!
少し前に、体調不良で代役を立ててたようなのですが、それも2日くらいで済んで
あとはまた復活していたようです。



そして、シチサマ。
個人的な好みだと思うんですけど。シチサマは貧乏長屋の娘っこより、花魁のほうが似合うよね。
いや、壷坂は長屋とは違って、人妻だけど。

花魁は次の演目で楽しむとして。

坊主のズラが気になるものの、なんか…アイサン素敵なんですけど…



今更、アイサンの魅力に気づく私。

目が見えないこと、不甲斐ないこと、女房のお荷物になってしまうこと、なのに彼女の浮気を責めること(いや、浮気してないんだけど)
なんか、そういうコンプレックスの塊みたいなのを瞳を閉じたまま演じきられていて、ぐっと引き込まれました。



と思ってたら、この間もずーーーーーーっと隣のオバサンが喋り続ける。
一応、主要な役者さんが話す時は黙るんだけど…舞台が暗転したり、浄瑠璃や三味線だけになると話し倒すねん…

でもさ。
舞台の暗転は、その前のシーンの余韻に浸りたいし
浄瑠璃もじっくり聞きたいのですよ。

連れの方も、イヤホンガイド聞いてるくらいだし、別にオバサンの解説は不要だと思うんですよね。



本当に、オバサンが邪魔で邪魔で仕方ない…
でも…オトナだから我慢…(´・ω・`)うぅ






◆猿之助四十八撰の内 黒手組曲輪達引

こちら、二幕に分かれてます。
前半はカメチャンの早変わりが見られて、見ごたえ十分!!
そして、喜劇でショーのよう。



なんですけどね。

ここでも、オバサンが喋り倒す。
どうやら、この舞台を既に見に来ているようで、舞台演出の一部を指して
「●●があそこにあるのは変に感じるけど、後で使うから。フフフ」とか言ってるんですよ。


それ、ネタバレやないの…ヽ(`Д´)ノ

ルール違反やないの!!!






ということで、同じくオバサンな私は、そのオバサンに言いました。

「すいません。少し静かにしていただけますか」

それっきり、オバサン静かになった~(°∀°)b


オバサンvsオバサン…醜いのぅ。



この後は集中して舞台を見ることができました。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚


カメチャンやっぱり踊りうまいわ~~~。
どんな踊りでも、サマになるところがすごいと思う。
あの足腰のバネは日ごろの鍛錬の賜物ですな。でも、足細いんだよねー。
いや、本人は筋肉とか嫌いらしいけど(と、昔どっかで聞いたけど)

そして、シュンエンサンの花魁も綺麗。三枚目で滑稽なカメチャンとの好対照。
本当にいい組み合わせです。


2幕目の助六のかっこよさったら!!!!
いやー、特別なファンでもない私ですら目がハートになりました。

カメチャンって、今まで女形が一番輝いてる姿だと思ったけど…
いやいや、二枚目もよく似合うね!

紫の着物に沢瀉(おもだか)の柄の着物の立ち姿にうっとりしてしまった。


続いて、シチサマ。
やっぱり花魁似合うわよ~~~~( ´艸`)
出番がちょっと少ないのが寂しいけど、目の保養になる。
助六を自分の着物でかばうシーンなんて、笑いも入れつつ健気な感じがよいですね!

それにしても、『揚巻』って花魁に聞き覚えがあるんだけど…
この話自体は初めてのはずなのに。
どこで観た(聞いた)んだろうー??



そして、前演目に続き、アイサンいいのぅ。
カッコいい悪役がハマりすぎる!
勧善懲悪な悪者のはずなのに、魅力ありすぎじゃないの。
ちょっと、今回アイサンの魅力に気が付きました。


今までずっと浅草で観て来たのに!今更!
彼の素晴らしさに目覚めたわ。遅いわねえ。










オマケ


iphone_20110125082630.jpg


これ。
ケンさんに撮ってもらった写真なんですけど…
撮影後のサイズ変更(つまり縮小)ができないんですよーーー。

無料のアプリでphotshopがあるので、それをいじったんですけど…
フレームがあるのみで、サイズ変更は出来ないらしい?
ちょっと、またアプリ探しの旅に出ます。
これで、どんだけ大きいファイルなんだ!?と思ったら、141kなので意外と大したことない。


あ。プレビューで確認後、大きすぎたので、サムネイル表示にしました。
クリックしていただけると、ケンさんの仕事ぶりが分かります。
意外と、カメラ機能悪くない気がする。
日本製スマホには負けるのだろうけど…

スポンサーサイト
  1. 2011/01/26(水) 09:30:00|
  2. エンタメ@ソト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010win 睡眠不足なソウル旅(2) | ホーム | トン足りず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://8d8.blog13.fc2.com/tb.php/105-322cb41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

8-8

Author:8-8
中央区Workerが綴る、食と旅行と落語と時々お出かけの備忘録
仕事も一生懸命やるけども!
遊びはもっと一生懸命!






◆notice◆
こちらのブログは、私の趣味と記憶の記録のための個人的ブログです。
ブログ生活を個人的に楽しんでる方にご覧いただき、旅や食のお役に立てればうれしいと思って書いております。

それ以外の目的(アフィリエイト目的やアダルト系、その他私が判断するもの)の方には、何の役にもたたないブログです。

そういった方々からの、コメント、トラバ、ブロとものご申請はお応えしておりません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2010 London (28)
2010 Dubai (16)
2010 Seoul in Apr (14)
2010 Seoul in Aug (5)
2010 Seoul in Dec (9)
2011 Seoul in Feb (8)
2011 Seoul in Jul (7)
2011 Russia (19)
2011 Korea in Dec (5)
2012 Bangkok (3)
2012 Taiwan (14)
2013 Taiwan (3)
2013 Malaysia (5)
2014 Taiwan (4)
2015 Poland(&Copenhagen) (3)
2017 Helsinki&Baltic States (9)
2010 Domestic (2)
2011 Domestic (13)
2012 Domestic (6)
2013 Domestic (10)
2014 Domestic (2)
Travel etc (40)
タベタ@ソト (55)
タベタ@ウチ (12)
エンタメ@ソト (26)
エンタメ@ウチ (8)
affairs (39)
notice (6)
phots (8)
knitting&sewing (5)
未分類 (7)
旅先便利帳 (0)
2017 Domestic (6)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

写真レイヤー

タグ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する