笑って食べて旅して

中央区Workerが綴る、食と旅行の徒然

バルト三国は自殺死亡率が高い

20170519112658877.jpg


yahooのニュースで「<自殺死亡率>日本はワースト6位 先進国の最悪レベル」というのが出ていたのですが。

日本のことより、バルト三国が3つとも全部ワースト10入りしていて、リトアニアに至ってはワースト1というのを見てショックを受けた。
この記事と厚労省の資料だと自殺率の高い国々に、私が行ったことがある国または行きたいと思っている国が多く入っているではないか!
まぁ、私の興味のある国というのが旧共産圏もしくは旧ソ連に属する国なのでね…

リトアニアやバルトの自殺率の高さは、ソ連から独立して急激な価値観の変化に心を壊すことが一因とwikiにはあったから。
それで、旧共産圏・旧ソ連の国々がワースト入りするのかなと思う。

独立・ソ連崩壊から20年以上経ってもその傷をずっと引きずり続けるって、なんだろうな…
それに引き替え、色々な歴史を背負いつつ逞しく図太く生きるアジア各国。他国に支配されたり、内戦があったりしても今元気に力強く生きている感じがしてならない。
もちろん、日本もそこに含まれる。戦後たった20年でオリンピックと高度成長期を迎える逞しさ。

この違いは民族性の違いもあるけれど、一因として地学的に南方の方が強いというのがあるんじゃないかなぁと。
古代から、寒い所に比べれば食べ物に困ることが少ない(水害とかあるけど)。やっぱり食べ物に困らないというのは、人間の生きる根っこの部分で大切なことだべ。そこに逞しさ、力強さが宿るのかなぁと。生きてりゃなんとかなるべ!みたいな。

なーんて色々考えます。



さらにwikiには、リトアニアが欧州連合の中で殺人発生率が最も高いとも書かれていた。えーーー、治安の悪さなんて全然感じなかったよ。
まぁ、サマータイムで明るい時間が長かったせいもあるのかな。危ないと思う事は無かったんだけどな。
人(国)は見た目じゃわからないね。ましてや数日しかいないわけだし。


旅で行ったことがある場所のニュースって気になるよね。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/20(土) 12:12:12|
  2. 2017 Helsinki&Baltic States
  3. | コメント:2

ラトビア・リガで食べたもの

リガは2泊。
タリンからバスで移動してきて、ホテルには19:30過ぎに到着。遅れて日本を出発した友人と無事合流!タリンが孤独だったから、合流した時は思わずハグしたわ。

夕飯。目星をつけていた店はあったものの、行ってみたらピンと来ず。
もう少し店を探したけれど、いいなと思った店は満席。
ということで、散々さまよったわりにホテルのレストランに入ったという(笑)
まぁ、宿泊者割引もあったしね!
201705112240197bd.jpg


で、大した期待もせず入ったんだけど。すごく良かった~。味もいいし、サービスも良い、ウェイトレスの子カワイイ。といいことずくめであるよ。
20170511224020d5e.jpg

20170511224021418.jpg

フィンランド~バルトは気候のせいもあって、スープがすごく美味しい。
ここでも適当に選んだスープが、2色づかいで見た目もキレイな上にそれぞれ味の個性があるのを混ぜて食べるととても美味しかった。
特に赤い方は私の大好きなビーツで、ビーツの甘みがじんわりと美味しかった。

201705112236322de.jpg

そしてこの時食べたニシン料理と付け合せの芋がすごく美味しくて、鰊の美味しさに目覚めたのであった。(芋は美味しくても、目覚めない)

翌朝。ホテルの朝食には鰊三兄弟。
2017051122404811c.jpg

ノーマルなオイル漬け、カレー風味(日本人が思うカレーではないけど)、ビーツ風味。


お昼は2回に分けて(笑)
1度目はペリメニ。友達が食べたことないというので、ファーストフード的にあったお店で。セルフサービスで、重さで会計です。
20170511224047780.jpg



2度目はスーパーで買ったお寿司!このスーパー、デリコーナーがすごく充実して、やけにサーモンがおいしそうに見えたんだよね。あと、海外の寿司というものに、ちょっと興味があったのよね。
20170511224110090.jpg


結果からいうと、クリームチーズの主張が強すぎた!
クリチーの味しかしない(笑)
それでも、醤油はキッコーマンだし、わさびはS&B、お米も海苔も悪くなかったと思う。

途中でちょっと休憩。少しでいいから甘いもの食べたいよね~、でも少しでいいのよということベーカリー系もあったこちら。
20170511224113221.jpg

日本というか、東京より3-5割くらい安いイメージ。ベーカリー系は日本人の口にも合う甘さで美味しかったわ。
カフェラテをあちこちで頼んだのだけど、牛乳の違いのせいなのか?どこもコーヒーの苦みがすごく薄らぐんだよね。なので、旅の途中からは普通のコーヒーに変更した。

20170511224115f67.jpg

リガにはカフェがたくさんあって、wifiを使えるところも多いので旅行者には本当便利。
居心地もいいし。
日本のカフェって、なぜどこも混んでるんだろうか。アルコールを提供しない店は閉店も早いし。なんだかんだいっても、カフェ文化は日本じゃ根付いてないんじゃないかって思うよ。


夜は予め日本から予約したレストラン「3 Pavaru」。日替わりで3人のシェフが料理を提供するという話題のレストランだそうです。(リンクはFB

まず、しょっぱなからヤラレタ!
パンのサーヴの仕方がエンターテイメント。ソースもしょっぱいのから甘いものまでいろいろで、パンがいくらでも食べられてしまう恐ろしいモノであったよ。
20170515123947c50.jpg

2017051512394825c.jpg

この日もスープを。メニューに「RAMEN」とあって、まさか?と思って頼んだら…
2017051512395002e.jpg

やっぱりラーメンだった!日本の中華めんとはちょっと違う気もしたけど、これはこれで美味しかった。
ちょっと味が濃かったけど、ダシなんだろう?コンソメ系と鶏ダシかなぁ。
鴨とポーチドエッグがのってて、鴨がめっちゃおいしかった。これメインで出したらいいよって思うくらい(笑)

翌朝、ホテルで朝食後は中央市場へ。今日はランチタイム頃にちょうどバス旅なので、お昼用に何か仕入れられたらって思ったんだけど。
ランチに良さそうな、ピンとくるものが無く。

昨日からお世話になっているスーパーへ。(巻き寿司買ったところ)

20170515124039e0b.jpg

このスーパーはデリ系がめっちゃ充実してて、パンもすぐそばで焼いてたんだよね~。
ということで、パン購入。
車内が狭かったので食べたものの写真は撮れなかったけど、しょっぱい系(ソーセージ入り)も甘い系(ルバーブ入り)もおいしかったです。

ちなみに、「Galerija Centrs」ショッピングモールに入ってるスーパー「Rimi」です。(リンクは公式HP
Rimiはあちこちで見かけるスーパーだけど、このモールに入ってるのは結構大きくて旅行者も使いやすいと思うよ。
  1. 2017/05/18(木) 12:12:12|
  2. 2017 Helsinki&Baltic States
  3. | コメント:0

勝手に思うバルト三国各国の特徴

GWの旅行後、旅好きな同僚に報告会をした時のこと。
「3つの国ってやっぱり違う?それぞれ行った方がいい?」と聞かれた。
(同僚は元々行きたいと思っていながら、 部署が違って休めない時期だったので今回来れなかったのだ)

そこで、私が考えた3つの国の特徴。独断と偏見に満ち満ちているうえに、どの国もほんのごく一部覗いただけ。これで分かった気になってはいけない。
(まぁ、同僚はこのブログの存在知らないけど・笑)


★エストニア・タリン
20170515200824809.jpg

日曜の悪天候という条件が大きく関与した印象になってしまうのだが、そんな日に訪ねたんだから仕方ない。
一言でいえば、暗く寂しい街だった。
歩いたのは港~旧市街で、あとはバスで通り過ぎた程度なのだけど。全体的にそういう印象。
3都市の旧市街の中でも断トツに落書きが多かった。いくつかの東欧の首都を周ったけど、世界遺産になっていながらこんなに落書きが多いのはタリンだけ。
この落書きの多さも街を暗く見せる一因だと思う。


★ラトビア・リガ
20170515231224ef5.jpg

観光客の多い街。そして穏やかな街。
ただ、不思議としか言いようのない銅像、芸術作品が街のあちこち(旧市街以外も)にあって、この国の人々の芸術に関する独特の感性を見た気がする。
かつて某東欧で、その国の画家の美術館で作品を見た時に「抑圧」という言葉を思い浮かべるような画風が多かったのだけれど、この国の芸術作品はちょっと違う。どちらもいいとか悪いとかではないのだけれど。

あと、全体的にとてもセンスがいい。ラトビアンニットで培ったセンスなのかな。大阪人が生まれながらに笑いのセンスがあるように、そういうセンスがあるんじゃないかと思う。
ハンガリーもセンスはあるけど、それは伝統的センスなんだけれど、この国のセンスは現代にうまくなじんでいるセンスなんだよね。

あとね、ポストが極端に少ないの。なんでだろうね?ハガキ出すの苦労したわ。



★リトアニア
20170515231226f41.jpg

この国だけ、首都ヴィリニュスと2都市(シャウレイ、カウナス)行った。
他の国でも感じたけど、この国は特にソ連・ロシアの影響、かつての支配の歴史を感じた。建物や街のあちこちに、彼らの歴史の悪しき爪痕が残っていて、胸がいっぱいになる。
でもその割には、マトリョーシカ販売店が少ないの(笑)ロシア的なものを排除しようということなのかな?

あとは教会がすごく多い。しかも宗派が色々。宗派が色々なのは、宗教に寛容というよりそれもまた歴史の残骸なのではないかと思う。

レストランなんかも、ラトビアと並んでセンスが良くて選り取り見取り。南下してくるにつれて野菜も少しずつ新鮮になりました。


ということで、どこが違うんだよ?とはっきり言えないけど、違うのですよ。建物については詳しくないので分かりませんが、似てるかもしれません(笑)
でも、街の雰囲気や歴史、背負って来たものは少しずつ違うので、できれば全部行ってみてほしい。
  1. 2017/05/16(火) 12:12:12|
  2. 2017 Helsinki&Baltic States
  3. | コメント:0

エストニア・タリンで食べたもの

エストニアの首都タリン。
そもそも、ヘルシンキ・タリン間は船で2時間程度なんだけど、私は船内で1泊出来るプランを選んだんですよ。
21時過ぎ乗船、7時下船のプランだったんだけど。
6:30頃、掃除のババァが来てドアオープン!!出ていけって。私、パンツ一丁だったのよ。幸い、スーツケース広げてたのでドア全開にならなかったけど。ホッ。
(私だけじゃなく、全員やられていた)

で、7時に強制的に下船。
でも、港ターミナルのカフェもまだ開いてない。というか、この日は日曜ということもあってタリン全体が朝遅めだったんだよね…。

201705111215221eb.jpg

前日ヘルシンキのスーパーで買っておいたヨーグルトを港の待合所で食べる私。


7:30頃活動開始。どこかで温かいコーヒーを飲みたい。
しかし、どこも開いておらず。事前に目をつけていた8:30(これでも最速)開店の「Reval Cafe Vene」に5分前に到着するも、店の前で傘をたたむと、これみよがしにドアの内側から通せんぼするように椅子をおきやがった。

20170511121538924.jpg

くそー、この恨みここで晴らしてやるわっ!ブログでさらしてやる(効果小さい)(お店のHP

ということで更にさまよって、9:30過ぎなんとかカフェ「Maiasmokk Kohvik」にピットイン。(お店のHP
後で知ったけど、多分有名店なんだね?

2017051108525334c.jpg

20170511085252106.jpg

温かいコーヒーをいただきました。
あと、血糖値あげたくてティラミスもいただく。大味でおいしかったです(笑)


で、ランチは日本から予約しておいたパンケーキのお店「Kompressor」。(お店HP

20170511085250420.jpg

人気店で開店と同時に席が埋まってました。日本人の私から見ると恐ろしく手際が悪いので、それで混んでたってのもありますね。カウンターで注文して、ドリンクはその場で渡されて、料理は後から運ばれてきます。

201705110853401e7.jpg

クレープとパンケーキの間くらいの生地です。
大きさ比較が分かりづらいけど、折りたたまれた状態でも私の顔くらいの大きさがあります。チーズとベーコンをチョイス。美味しいけど、この大きさは飽きるわ…

20170511085247fc9.jpg

紅茶の入れ物がかわいかった。蒸らすように蓋がついてくるのも嬉しいね。


wifiあったけど、なぜか繋がらず。何度やってもパスワードが認証されなかったんだよね。うーん…

以上、タリンで食べたものでした。
  1. 2017/05/15(月) 12:12:12|
  2. 2017 Helsinki&Baltic States
  3. | コメント:0

ヘルシンキで食べたもの

今回の旅、ヘルシンキ(フィンランド)→タリン(エストニア)→リガ(ラトビア)→リトアニアと周ったのだけど。
ヘルシンキとタリンは一人で、途中からは友達と一緒でしたのよ。

ヘルシンキは一人でブラブラと食べてました。
朝食はホテルのバイキング。

ホテルはヘルシンキ中央駅前の「ホテル セウラフオネ ヘルシンキ」です。(リンクはトリップアドバイザー)

20170510185338f60.jpg

ニシン食べたかったけど、無くて。サーモン食べました。美味しかった。


マリメッコで爆発後、ランチはハカニエミマーケットの「ソッパケィッティオ」にて。(リンクは4トラベル)

2017051018425690a.jpg

シーフードスープって書いてあったけど、店員さんは「ブイヤベース」って言ってた。まさにその味!
シーフードたっぷり。ソースもマヨネーズにニンニク入れたようなルイユが添えてあった。

20170510183731c56.jpg

パンは予めテーブルに置いてあって、好きなだけ食べられたよ。
オイルはセルフで取ってきたけど、オリーブオイルにハーブを入れてあった。



教会を見てる合間にcafe toriaというカフェへ。テンペリアウキオ教会のすぐ側、トラムの停車駅の近くです。(お店のHP

20170510184254a8b.jpg

オシャレカフェだったわ。wifi使えたし、ゆっくりしちゃった。

20170510183736bc4.jpg



ちょっと早めな夕飯。この後船でタリン(エストニア)に移動するのだ。
ヘルシンキ中央駅前のCity center(ショッピングセンター)地下にあった、ベーグル店「arnolds」にて。(お店HP)

201705101837368bf.jpg

特別ではないけど、おいしかった。お店自体にwifiはなかったけど、駅隣接ともいえる立地なので駅のwifiが使えるよってかわいい店員さんが教えてくれた。

やっぱりヘルシンキは物価高め。どれも(かなり)カジュアルな店なのだけど、スープとベーグルの店は1500円くらいした。仕方ないやね。カフェは4ユーロくらいで日本と同じくらいかな。

しかし、こうやって見るとサーモン尽くしのヘルシンキだな(笑)
  1. 2017/05/12(金) 12:12:12|
  2. 2017 Helsinki&Baltic States
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

8-8

Author:8-8
中央区Workerが綴る、食と旅行と落語と時々お出かけの備忘録
仕事も一生懸命やるけども!
遊びはもっと一生懸命!






◆notice◆
こちらのブログは、私の趣味と記憶の記録のための個人的ブログです。
ブログ生活を個人的に楽しんでる方にご覧いただき、旅や食のお役に立てればうれしいと思って書いております。

それ以外の目的(アフィリエイト目的やアダルト系、その他私が判断するもの)の方には、何の役にもたたないブログです。

そういった方々からの、コメント、トラバ、ブロとものご申請はお応えしておりません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

2010 London (28)
2010 Dubai (16)
2010 Seoul in Apr (14)
2010 Seoul in Aug (5)
2010 Seoul in Dec (9)
2011 Seoul in Feb (8)
2011 Seoul in Jul (7)
2011 Russia (19)
2011 Korea in Dec (5)
2012 Bangkok (3)
2012 Taiwan (14)
2013 Taiwan (3)
2013 Malaysia (5)
2014 Taiwan (4)
2015 Poland(&Copenhagen) (3)
2017 Helsinki&Baltic States (7)
2010 Domestic (2)
2011 Domestic (13)
2012 Domestic (6)
2013 Domestic (10)
2014 Domestic (2)
Travel etc (33)
タベタ@ソト (55)
タベタ@ウチ (12)
エンタメ@ソト (26)
エンタメ@ウチ (8)
affairs (32)
notice (6)
phots (8)
knitting (3)
未分類 (7)
旅先便利帳 (0)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

写真レイヤー

タグ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する